こんにちは、きらまるです。
新入社員も入社半月、会社に慣れてきた頃でしょうか。
周りでは飲み会をしている会社員もみかけます、が、
なかなか飲む機会ないですよね、胃カメラ!
と、いうことで、なんで飲んだのか、飲んでどうだったのか、レポートです。

1,そもそもなんで飲んだのか?

今年の冬の風邪はお腹に来るタイプが流行っていたようです。そこからはや3ヶ月。
胃のむかむかが直らず、病院に行った所「多分、逆流性食道炎だとは思うけど、飲んどく?胃カメラw」と先生に誘われたからです。
先生の「僕の胃カメラ上手だよ〜5分で終わるよw」と口説かれたから、というのもあります。
真面目な話、フリーランスでなかなか人間ドックもできてないですし、バリウムの経験も無く、
今回の胃のむかむかに関しては
規則正しい生活、3食ほぼ決まった時間、お酒たばこ一切なし、なんて話をしてたら原因はわからない、ということになり、
「胃がんかも」と
ちょっとびびっちゃった、というのも。

先生も「極論、胃カメラをやるやらないの判断は、ガンかどうかクリアにしておきたいって意味になります」
ということだったので、飲んでみようかなと思いました。こういうネタにもなるので。。。

逆流性食道炎(エーザイさんのわかりやすいサイトです)

初診の時に、先生と相談して別途胃カメラをやる日を決めました!

2,胃カメラをやってくれる場所

大きい胃腸科ならどこでもやってくれるとは思います。大学病院とかもやってくれるんじゃないでしょうか。
私がお願いしたお医者さんは
鈴木内科循環器科
です。

三軒茶屋あたりで内科を探していてたまたま見つけただけですが、良い先生に会えました。
駅からもアクセスが良いです。

3,やるまでの準備、前日の自由度

やる日は別途予約した日。9時半から診察で、その前に終わらせちゃう、とのことで8時半に来てねとお願いされました。
その日は私の他にもう一人いらっしゃるとのことだったので、早く来た方からやるよーと言われました。

◯前日21時まで食事OK

◯前日24時まで飲み物OK

それ以降は何も飲まず食べずです。
説明も単純明快、食べていい時間を書いたメモももらい、親切でした。

4,胃カメラ当日〜胃カメラ挿入まで

8時半に病院に行きました。すでにもう一人の方は来てましたので、2番目でした。

(1)甘い液状の薬を飲みました
胃の空気を戻さない様にする薬といってました。シロップ。少量ですが苦手な味ですた…

(2)喉のあたりにためておく液状の薬
多分麻酔だと思います。歯医者さんで麻酔注射をぬる前の塗る麻酔、ありますよね。あれだと思います。
この後強い麻酔液を喉奥に入れるので、その前の準備なんだと思います。
5分くらい、喉の奥あたりにためておきます。5分したら飲み込みました。

(3)その後、喉の奥に辛い液状のものを何度がびゅっびゅっと。
これが強い麻酔。多分胃カメラが入った時におえっとならないように麻痺させる麻酔。
べーっと舌を出して、奥の方にビュービューされます。液状。
喉のつばを飲む働きが麻痺するので、
つばを飲み込もうとすると窒息しそうな気分になります。つばはティッシュに吐いてねと言われました。

5,いざ胃カメラ

胃カメラ直前に肩に注射されます。
あと前項の(3)を最後にビュービューと。
「これをしっかりしておかないと辛いからねー大切なんだよー」とのことでしたので
喉奥へビュービューはつらいですが、我慢しました…。
で、横になり、入れる前にリハーサル。
管がここまで入ったらつばを飲み込んで、ここで息を止めてね、みたいな練習をして
いざ、胃カメラが入っていきます。

6,胃カメラって結局、辛いの?

答え:辛いです

カメラがはいっている時間はものの5分、いや、本当に上手な先生で実際は3分くらいです。
ただ入っているその間、「おえー」の波が数回やってきます。
でもたかが人生のうち3分、我慢するだけなので、そう考えるとなんてことはないです。
ちなみに、先生が「上手、とっても上手だよーすぐ終わるよ〜!」とか「あと10数えたら抜くからね」とか
扱いが非常にうまくて、そこに救われました。

それより、胃カメラで胃を撮影するために、カメラから胃に空気を入れて
胃をふくらませるんですが、
それが食べ過ぎた時の満腹感みたいで苦しい。数十分続きます。
私は直後通勤ラッシュの電車に乗ったので、吐きそうになったり不安でした。
胃カメラの直後はまったりできる時間配分の方が安心できそうです。
ちなみに検査後30分は麻酔があるので食事、飲み物はダメ。
1時間もしたら体調は完全に通常どおりです。

7,胃カメラで何がわかったの?

「がん」かどうか。結果大丈夫でした、ほっ。

逆流性は少し見られるそうですが、詳しくはカメラで撮影した写真が出たらですね。一週間後。

また報告したいと思います!