blog02

前々から気になっていた、
渋谷の名曲喫茶、ライオン。

9月に初めて訪問してから、できるだけ毎週通いたいなとおもいつつ、
やっと再訪できました、ので、レポートです。

そもそも名曲喫茶ライオンって

それどんな店よ?って方もいらっしゃると思います。
渋谷、もしくはクラシックに詳しい方なら、ご存知の方も多いという名店です。

基本喫茶店なのですが、クラシックが3Dスピーカーという大きな立派なスピーカーから流れている喫茶店です。
おしゃべりや喫茶が目的というより、
ここの静かさやクラシックが好きで来ているお客さんで構成されています。

ライオンのホームページの言葉を引用すると

昭和元年創業以来約82年、クラシック音楽を愛好される方の憩いの場として、いささかお役に立っていると自負しております。
またクラシカルなデザインを愛好される方も一度お越しいただきたいと存じます。

とのこと、内装、古い佇まいがたまりません!

ちなみに、物音もほとんどないです。私語もなーし。
静かな静かな空間で昔にタイムスリップしたような感覚でクラシックが楽しめます。

ドラマ相棒の右京さんもこちらの常連、というような設定で
(ライオンが右京さんの行く名曲喫茶、としてロケで使われました。
右京さんがライオンの常連というわけではありません)

blog03毎日15時と19時にスピーカーでのコンサートが行われます。
毎日曲はかわり、演奏スケジュールは
ライオンに行くと飲み物のメニューと一緒に半月分スケジュールのチラシを貰えます。

コンサートの時間以外は、お客さんからのリクエストもOKとのこと。

名曲喫茶ライオンに挑戦したい方へ

単純明快に楽しみ方とコツを書いていこうと思います。

・あたりまえだけどマナーモード
言わずとしれたマナーモード。静かな曲の時は、バイブの音すらはばかられます。

・人と行くより一人で行ってみよう
先にも書きましたが、喫茶というよりクラシック鑑賞室ってイメージ。
おしゃべりはできないので、一人で行くのがオススメです。

・トイレ行っといたほうがいいかも
お店自体が古いですのでトイレも古いです。
和式で、水を流すのは、なんと上からぶら下がっているチェーンを引っ張るやつ!
これ久しぶりに見ました。知らない人もいるかもね…?壊れちゃいそうでドキドキしながら使いましたw
個人的にはなかなか珍しい体験ができるトイレなのでお気に入りですが
トイレに立つのも音がしないように、とおっくうなので
事前に行っておくと楽。

・撮影禁止
まずドアに書いています。ブログに載せよう!ってなかんじで中での撮影はやめましょう。

・入る時のドアは丁寧に、慎重に!
お店に行くには、通常渋谷の喧騒を抜けていかなければいけません。
だからついつい「がっ!」と開けてしまいがちですが
中の人たちは静寂に耳が慣れてますのでちょっとの音でも気になります。
ここが丁寧な人は素敵だと思いますw
・・・私もはじめてのとき「がっ」ってやっちゃったんですけどね…(汗)

・入って左の席に電源、LANケーブル
ライオンのHPにはパソコン席作ったよ!的なことが書いていますが、
キーボードの音すらも多分迷惑になるでしょう。
私もまだパソコン出したことないです。はばかられる感じ…
空気を読んでご判断いただけるといいでしょう。

・分煙していません
一応席に灰皿があるかないかで禁煙席、喫煙席はありますが、分煙はできてないのでご了承くださいな。

・・・とこんなかんじです。

「静かに!」と書きすぎちゃったかもしれませんが、
利用するお客さんは実はそんなに神経質じゃないかもしれません。
私が自主的に超気をつけているだけです、、新参者なので。。
「静かにしなきゃいけないなら面倒だ…」とは思わず、ぜひ挑戦いただきたいです!